自動車の名義変更は軽自動車でも普通車でも地元の陸運局で手続きをすることができます。

しかしバイクの場合はエンジンの大きさによって必要書類や手続きする場所が違います。

慣れてしまえば自動車の名義変更よりも簡単かもしれませんが、以外に面倒も多いのですぐに手続きをしたい場合にはバイク名義変更代行と利用するとよいでしょう。

原付バイクは気軽に使えますので、使っていない物をあげたりもらったりする場合があると思います。

バイクの名義変更の代行に有効な情報の紹介です。

そんな原付バイクを例に説明します。



まず原付バイクの名義変更を行うためには廃車手続きが必要です。


まだ使うのになぜと思うかもしれませんが、いったん廃車にして新しい持ち主が改めて登録手続きをしなければならないのです。
そして手続きをする場所も元の持ち主が住んでいる市町村役所で廃車手続きをして、新しい持ち主が住んでいる市町村役場で登録の手続きをします。

また名義変更が終わったら自賠責保険に加入する必要があるのです。

このような流れもバイク名義変更代行を利用すればすべて行ってくれるので余計な手間がかかりません。

OKWave情報をまとめてチェックしよう。

近年はオークションなどを利用して個人間でバイクの売買をすることも珍しくなくなりました。

しかしバイクの名義をしっかりと変更しなければいつまでたっても税金が自分のところに来るなんてことにもなりかねません。

そこでバイク名義変更代行を利用して間違いなく名義を変更すれば、余計なトラブルにならなくてすむでしょう。